不妊で悩んでいたら勿体ない、健康な体になって新しい命を待ちましょう!群馬県 太田市 

年齢と妊娠率

年齢と妊娠率

年齢と妊娠率


30歳を過ぎると、女性の妊娠能力は毎

年約3.5%ずつ低下していくというデータ

ーも有ります。



35歳を過ぎる頃から赤ちゃんを授かる

チャンスが急激に減少するそうです。


高齢になるほど赤ちゃんを授かりにくく

なる原因は卵子の質の低下だと言われ

ています。



体外受精などの成功率の低下の原因は、

採卵できる卵子の数の減少、排卵した

卵子に染色体の異常が見られるケース

があるそうです。



ただ一人一人の体の状態が違うように、

老化の状態も違います。



そして、カラダが元気になると肌も艶が

出て来て、行動も若々しくなりますよね。



カラダを根本から元気にすることでカラダと同じように卵子も子宮も元気になるんです。

諦めないでくださいね、あなたの赤ちゃんはキット生まれたがっていますよ。


りんごを切ったままにして置くと酸化して、茶色に変色しますね。

人間の体も活性酸素の影響で酸化し、細胞や組織の機能が老化します。

あなたは生まれたときに既に原始卵胞を持っていて、あなたが歳を取れば同じように卵子も歳をとります。

そして、お医者さんに卵子の質が悪いなんて言葉を投げられたりするんですね。

例えば40歳でも、肌も若々しく、どう見ても30歳くらいにしか見えない40歳の方がいますよね。

どう見ても40歳にしか見えない40歳もいます。そして、50歳くらいに見える40歳もいます。その差はなんだと思いますか?

活性酸素は、からだの組織や細胞を衰えさせ、ホルモンの分泌を抑制し、卵子や精子の質を低下させたり、子宮や卵巣の状態にまで影響し、生殖機能を早く老化させると言われています。

卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されると、皮膚にかかわる細胞を活性化させ、気分を明るくする働きがあります。

30歳くらいに見える40歳の方は、見た目だけの30歳ではなく、内臓や脳の状態までも反映されていて、性ホルモンの分泌も良好で、細胞から元気だからこそ、肌がつやつやで内臓の状態も良いそして、生殖機能も卵子も30歳と言えるのです。

どんなに高価な化粧品を使って、表面だけのスキンケアをしても内蔵や脳や細胞の活性化の解決にはなりません。

大切なのは、生活習慣や食生活、ストレスの解消、何よりもあなたの考え方なのです。

だったらあなたに良い卵子が出来るように、卵子の若返り計画を実行しましょう!

あなたが少しでも卵子の老化を送らせ、質を向上させるために積極的に取り組むことで妊娠しやすく、流産しにくいからだになれるのです。

そして、カラダが元気になると肌も艶が出て来て、行動も若々しくなりますよね。

カラダを根本から元気にすることでカラダと同じように卵子も子宮も元気になるんです。


あなたが少しでも卵子の老化を送らせ、質を向上させるために積極的に取り組むことで妊娠しやすく、流産しにくいからだになれるのです。

なんでも相談

大原治療センターまでのアクセス

HOMEベビ待ち整体このページのトップへ

a:2587 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional