不妊で悩んでいたら勿体ない、健康な体になって新しい命を待ちましょう!群馬県 太田市 

基礎体温

基礎体温の波形はあなたの身体のサイン…

基礎体温の表の変化は身体や心のあらゆるサインを教えてくれます。

自律神経やホルモンのバランス、身体が冷えていないか、血行が悪くないか、ストレスがたまっていないかを教えてくれます。

基礎体温のパターンに合わせた対策で、体質改善や子作りに役立てましょう。

基礎体温表から読み取れること

  • 排卵の有無
  • 排卵の時期
  • 黄体機能の状態
  • 排卵の有無
  • 排卵の時期
  • 黄体機能の状態

理想的な基礎体温パターン

個人差がありますが、28日周期で循環しているのが一般的な生理周期です。

排卵を境に、前半の卵胞期と後半の黄体期に分かれます。

卵胞期卵胞ホルモンの支配原始卵胞を刺激し、排卵する子宮内膜を作る
黄体期黄体ホルモンの主導子宮内膜を柔らかくする基礎体温を上げる

正常な場合、基礎体温表は低温期と高温期に0.3~0.5℃C の差がある二相性になります。

低温期から高温期への移行は3日以内高温期が12日以上持続することが理想とされています。

高温期が16日を超えた場合は妊娠の可能性があります。

妊娠しにくい基礎体温パターン

一相性で、高温期がない

高温期がない無排卵または、無月経の時に見られる。

排卵がなく、妊娠は不可能と言われています。

月経周期を作る為腹部環境を整えて、血行を良くし卵巣機能を高める必要がある。

上がりが遅いく、段階的に上昇

高温期への移行が3日以上かかり,排卵障害の可能性高く、原因が特定しにくい場合が多い。

気血の巡りを良くし、血液の流れを改善することが大切。

高温期が短い

高温期が短く、12日未満。

高温期の体温が低く、高温期と低温気の差が、0.3℃未満で、黄体機能不全の場合に多い症状です。

高温期のみの問題ではなく、低温気の卵胞発育に問題が考えられる為、卵胞の発育と排卵を促す働きかけが必要になる。

高温期が高すぎる

高温期と低温気の差が0.5℃以上

ホルモン治療後によく見られ、ホルモンバランスが悪く、熱すぎて着床しにくい。

過剰な熱を取り除くことも必要になる。

上下の幅は大きい

プロラクチン地が高い。

ストレスが多い。
ストレスを解消し、気血を整える必要がある。

なんでも相談

大原治療センターまでのアクセス

HOMEベビ待ち整体このページのトップへ

a:2148 t:1 y:1

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional